忍者ブログ
ポケモンやらRPGゲーム中心に何か書いていこうぜ。
自分用のメモ帳。随時更新
(更新日:2017/03/02)





メガバナ
言わずも知れた状態異常からの宿木戦法で持久戦に縺れ込む耐久の申し子。
それだけではなく、普通に飛んでくるヘドロ爆弾も痛い。
バンク解禁で超が増えてあんまり見かけなくなったが、それでも強いと思ってる。

ライチュウ
S110族になり風船避雷針アンコで相手を縛り付ける戦法がより安易になった。
攻撃面ではめざ氷に頼らざるを得ない面があるが、縛った後に悪巧みでカバーすれば良い。
ただし、前作からのBの脆さは変わらないので過信は禁物。

アローラライチュウ
パンケーキ食べたライチュウ。
超がついて範囲も広くはなったが、ふいうち・影打ちが通りがよくなってしまったのは痛い。
カプシリーズのフィールド効果を十二分に利用できるし、素早さも普通の子と同じくs110族。

ピクシー
悪闘竜と幅広い耐久性を持っており、持久戦もできる防御のスペシャリスト。
特性も相まって対応できるポケモンが多く、バリエーションも多々。
ただし、鋼毒には意外にも脆いので、使う際にはそれらを注意したい。

ウインディ
炎のもふもふわんこ。でんせつポケモンだが、伝説ではない。
特性は大体は威嚇ともらい火で構成されることが多い。
フレドラ、文字、インファイトと強力な技をよく覚える上、神速まで持っているのでとどめ用としても活躍できる。
単炎なのでPTに入りやすい所と、かっこよさで見栄えもいける。
ただ、ちょっと器用貧乏なところもある。


ヤドラン


ゲンガー
相性では超が苦手だが、上からつけるので得意な霊毒。
通常S110と高く、メガシンカするとS130になる上、影踏みで逃がさない。
Cも130(Mは170)と高く、補助技も多いことから臨機応変に動くことができる素早いオールラウンダー。
耐久には期待できないが、素早さと特攻で十分活躍できてしまう。
XYに入ってからF対策としても動くようになり、鋼にも等倍を入れることができるようになった今作では追い風が来てる。
一家に一匹ほしい。

ギャラドス




ラプラス
フリーズドライ入手のお陰で複数タイプの水を一掃できるようになった。
Hに振るだけで不一致10万や一致C無振り10万くらいなら耐えられる。
私のところは貯水のうっかりやの子を使っているけれども、皆貯水を良く忘れることが多いよね。
巷ではシェルアーマーが良いらしいが…うーむ。

ブースター
フレドラ入手のお陰で突破性が非常に高くなった。
が、フレドラ一発打ち込むと殆どHPが残らなくなるので計画的に使いましょう。
ちなみに根性毒球ニトロで威嚇MクチートのHを半分以上削る能力を持ってます。つええ…。

サンダー


カイリュー
神速解禁・保険・マルスケのお陰で超攻撃アタッカーへと化けることができるようになった。
ただ、欲しい技が多くてキッス等が倒せなかったりする。
ここぞといったところで使ってあげれば活躍してくれる頼れる奴。

----------------
ランターン



マリルリ
F・水となったFでは高い攻撃力を誇るポケモン。
こいつ一匹でバンギガブを牽制でき、しっかりとその役割を果たしてくれる。
一致でも耐えれるとはいえ、電気タイプには注意したい所。

エーフィ
壁から瞑想、果ては攻撃まで何でもできる高速タイプの超。
社員を覚えて悪にも対抗できるようになったが、無振りだと落ちないことも多い。
HやBが低く、攻撃されただけでころりと落ちたりすることも多いので注意したい。

ハッサム


ドンファン


バンギラス
M・チョッキが出たことから、またもや多彩な立ち回りを増やした特防の鬼。
Fに対して弱くなったというものの、ファイアローの所為で格闘が激減してしまい、対策がFの攻撃タイプしかいなくなってしまった恩恵を手に入れてしまった。
とはいえ、地面で強力なガブリアスとホルードがいるのでこれらで対策されてしまうというね。
使い方次第で弱者にもなれば、強者にもなる。

----------------
バシャーモ
猿より素早くない、火力馬鹿なシャモ科の焼き鳥。
加速を手に入れたおかげで、脆い猿より強いことで有名になった。
メガシンカも手に入れたが特性は加速のまま。能力はしっかりと伸びる。そしてかっこいい。
飛び膝蹴りが有名だが、最近は馬鹿力やオバヒと打ち逃げが使いやすい。

ラグラージ


サーナイト


クチート
Mのお陰で突破口が出来上がった。さらには挑発で相手の補助を縛ることができる。
これでもガブリアスがきつかったりする。
悪とFと闘ならいけるっちゃいけるが鈍足なので、しっかりとした読みが必要。

チルタリス
昔はマイナーな竜飛と言われ、ガブリアスさんやらボーマンダさんやらにぼっこぼこにされていたが、
Mを手に入れて、今ではアンチ竜として竜達を滅しようとしている!・・・というわけではないが、おめでとう。
竜Fといういかにもなタイプだが、能力値のバランスのよさと竜だけではなく闘と悪に対しての役割ができるようになったのが最大の利点。
Fスキンによるハイパーボイスにコットンガード、羽休め・・・さらには大文字等と意外にも幅広い技を持っている。でもゲンガーは無理です、はい。


シザリガー


ラティアス
妹。
昔はその硬さと、素早さで有名になっていた。
今ではメガシンカしても少し物足りなくなっている。
とはいっても、腐っても準伝説さん、かつMである。使えないことはない。
瞑想型とうち逃げ型、ミラータイプ型があるが、どう考えてもCS振りのミラータイプが使いやすかった。

----------------
エンペルト
イケメンペンギン。
水鋼と相性としては良い方なので、対策さえすればいける。
熱湯やドロポン、冷凍B、草結びと高いCを補えるほどの攻撃技に、あくびで裏に控えているポケモンを見るなど、オールマイティーに活躍することができる。
ただし、アロー流行終了で格闘が復活しており、さらには地面にもろいなど、他のポケモンたちで援護してやらないと心もとないところもある。

ロズレイド


ミミロップ



ガブリアス
昔は強く、今も強い竜地面。
Sも100族ちょっとあり、微妙なラインをクリアしている。
お陰で、スカーフタスキ珠を持たせてがっつり攻撃ができる高速アタッカー。
氷Fで対策されやすいものの、メインウェポンが二つもあり、単純に対策をするにはキッス投入しかないという。
Bが意外と高いので鮫肌と相性がちょっと良い。

ルカリオ

ジバコイル


トゲキッス
電磁波撒いて、エアスラで怯ませるゲームとして有名なヤツ。
F飛行になり、ガブリアスキラーっぽくなった。(倒せるとは言ってない)
怯みゲーの他にスカーフ、はりきりキッスさんまで様々。
神速がタイプ不一致になったのは少し痛いところ。
そして硬い。


ロトム
様々なタイプにFCできる電気タイプ。特に水炎草の順で人気が高い。
FCするとSよりBDが上昇値が高いので、受けにしたり流したりしやすい。
浮遊の特性もあり、型破らないと地震が効かないので途中で出しやすい。
さまざまな型がありすぎて、対策がしにくい。お陰でトリックが決まりやすい性質を持つ。

クレセリア
----------------
ジャローダ
ちょっと硬い素早いだけの草蛇さんだったが、ついに天邪鬼を手に入れたぞー。
リフストを打ちまくりながら、持ち前の素早さで蛇睨みをしたり、壁かけたり。
おおよその耐久力があるが、そこは単草である。うまく扱ってあげましょう。

エルフーン
登場時点から、簡単に悪戯心を手に入れられるモコモコ野郎。
見た目のかわいさとは裏腹に、素早く、挑発アンコール宿り木等と悪戯心付の補助をばら撒いてくる。
エルフーンのアンコールにやられて泣く泣く降参する被害者は数知れない。
今でも害悪扱いされているが、草Fとなった今はゲンガーのヘドロ爆弾で吹き飛んでいるのでまぁまぁだろう。
うっかり悪を出しているとムーンフォースが飛んできますので注意。

チラチーノ


キリキザン


オノノクス
----------------
ゲッコウガ



ファイアロー
ファイヤーさんより害悪な炎鳥。
タイプとしては貴重だが、特性疾風の翼入手により、草虫闘が全滅する事態に。
Sが高いので物理AT、物理耐久、二刀流と幅広い型を持つが、戦いやすかったのは二刀流。
物理ATぶっぱなしもいいけど、反動が酷く、2匹目で自滅することが多く、苦手な岩が出やすいのでね。
強いやつには強いが、岩にはとっても弱いので、岩が来たら逃げましょう。

ギルガルド


ドラミドロ


ニンフィア
xyではBW2から夢イーブイを連れてくるとハイボマシンになっていたが、ORASで教えられるようになり、シングルダブル共に流行を見せている。
B、Sが低くやられやすいが、CD辺りが高いので、スキンハイボでも瞑想をかければ突破してしまったりする。
が、バレパンマンには弱い。使う際には、後ろには常に鋼を置いておいたほうがいいだろう。

ヌメルゴン
チルタリスと同じく低S高耐久のドラゴン。
だが、こっちの方が多彩な攻撃技を覚え、対策するには物理竜Fで特攻で倒すしかない。
チョッキが多いが、残飯オボン等もあり、特性もぬめぬめか草食と全部が多彩。

---------------------

アシレーヌ
マリルリと同じ、水Fの猛者。
こちらは特殊攻撃が強く、意外にも範囲が広い(水F氷超無)。
補助技もいいものを覚えるので、眼鏡でもオボンでも持たせられる万能。
ただ鈍足+防御が弱いので、ある程度配分を入れて運用させないと一発でころっといってしまうことも。


ジュナイパー
陽気HS(A4)振り @残飯 影縫い/身代わり/毒々/羽休め の型。
攻撃が強いと思われがちだが、防御特防がなかなか良い能力値をしているので基本は毒を回しつつ羽休めをする子。
ガッチガチだと無理だが、それ以外なら結構いけてしまう。

ニャヒート
臆病HS(C4)振り @輝石 火炎放射/鬼火/猫だまし/悪巧み
巷で強いんじゃないかといわれていた輝石ニャヒート。
攻撃も普通に強いけど、遺伝で覚える悪巧みでなぎ倒していく型になる…筈だったが、覚える技があまりにもなかったため、流しっぽい型になってしまった…。
猫だましで相手の襷を潰し、鬼火で攻撃をダウンさせて、悪巧み火炎放射で攻撃をしていく。
結構地震持ちを呼ぶので、後ろに姉貴のシルヴァ等がいると楽。

シルヴァディ
陽気AS @悪z 恩返し/噛み砕く/剣の舞/捨て台詞
オール95の能力を持つ、人工的に作られたポケモン。
基本は、捨て台詞で後ろにいる耐久系に回す作業をするが、普通に舞って攻撃をすることもできる。
捨て台詞はやっぱり使いやすい。頼れる姉貴。








PR


追記を閉じる▲


メガバナ
言わずも知れた状態異常からの宿木戦法で持久戦に縺れ込む耐久の申し子。
それだけではなく、普通に飛んでくるヘドロ爆弾も痛い。
バンク解禁で超が増えてあんまり見かけなくなったが、それでも強いと思ってる。

ライチュウ
S110族になり風船避雷針アンコで相手を縛り付ける戦法がより安易になった。
攻撃面ではめざ氷に頼らざるを得ない面があるが、縛った後に悪巧みでカバーすれば良い。
ただし、前作からのBの脆さは変わらないので過信は禁物。

アローラライチュウ
パンケーキ食べたライチュウ。
超がついて範囲も広くはなったが、ふいうち・影打ちが通りがよくなってしまったのは痛い。
カプシリーズのフィールド効果を十二分に利用できるし、素早さも普通の子と同じくs110族。

ピクシー
悪闘竜と幅広い耐久性を持っており、持久戦もできる防御のスペシャリスト。
特性も相まって対応できるポケモンが多く、バリエーションも多々。
ただし、鋼毒には意外にも脆いので、使う際にはそれらを注意したい。

ウインディ
炎のもふもふわんこ。でんせつポケモンだが、伝説ではない。
特性は大体は威嚇ともらい火で構成されることが多い。
フレドラ、文字、インファイトと強力な技をよく覚える上、神速まで持っているのでとどめ用としても活躍できる。
単炎なのでPTに入りやすい所と、かっこよさで見栄えもいける。
ただ、ちょっと器用貧乏なところもある。


ヤドラン


ゲンガー
相性では超が苦手だが、上からつけるので得意な霊毒。
通常S110と高く、メガシンカするとS130になる上、影踏みで逃がさない。
Cも130(Mは170)と高く、補助技も多いことから臨機応変に動くことができる素早いオールラウンダー。
耐久には期待できないが、素早さと特攻で十分活躍できてしまう。
XYに入ってからF対策としても動くようになり、鋼にも等倍を入れることができるようになった今作では追い風が来てる。
一家に一匹ほしい。

ギャラドス




ラプラス
フリーズドライ入手のお陰で複数タイプの水を一掃できるようになった。
Hに振るだけで不一致10万や一致C無振り10万くらいなら耐えられる。
私のところは貯水のうっかりやの子を使っているけれども、皆貯水を良く忘れることが多いよね。
巷ではシェルアーマーが良いらしいが…うーむ。

ブースター
フレドラ入手のお陰で突破性が非常に高くなった。
が、フレドラ一発打ち込むと殆どHPが残らなくなるので計画的に使いましょう。
ちなみに根性毒球ニトロで威嚇MクチートのHを半分以上削る能力を持ってます。つええ…。

サンダー


カイリュー
神速解禁・保険・マルスケのお陰で超攻撃アタッカーへと化けることができるようになった。
ただ、欲しい技が多くてキッス等が倒せなかったりする。
ここぞといったところで使ってあげれば活躍してくれる頼れる奴。

----------------
ランターン



マリルリ
F・水となったFでは高い攻撃力を誇るポケモン。
こいつ一匹でバンギガブを牽制でき、しっかりとその役割を果たしてくれる。
一致でも耐えれるとはいえ、電気タイプには注意したい所。

エーフィ
壁から瞑想、果ては攻撃まで何でもできる高速タイプの超。
社員を覚えて悪にも対抗できるようになったが、無振りだと落ちないことも多い。
HやBが低く、攻撃されただけでころりと落ちたりすることも多いので注意したい。

ハッサム


ドンファン


バンギラス
M・チョッキが出たことから、またもや多彩な立ち回りを増やした特防の鬼。
Fに対して弱くなったというものの、ファイアローの所為で格闘が激減してしまい、対策がFの攻撃タイプしかいなくなってしまった恩恵を手に入れてしまった。
とはいえ、地面で強力なガブリアスとホルードがいるのでこれらで対策されてしまうというね。
使い方次第で弱者にもなれば、強者にもなる。

----------------
バシャーモ
猿より素早くない、火力馬鹿なシャモ科の焼き鳥。
加速を手に入れたおかげで、脆い猿より強いことで有名になった。
メガシンカも手に入れたが特性は加速のまま。能力はしっかりと伸びる。そしてかっこいい。
飛び膝蹴りが有名だが、最近は馬鹿力やオバヒと打ち逃げが使いやすい。

ラグラージ


サーナイト


クチート
Mのお陰で突破口が出来上がった。さらには挑発で相手の補助を縛ることができる。
これでもガブリアスがきつかったりする。
悪とFと闘ならいけるっちゃいけるが鈍足なので、しっかりとした読みが必要。

チルタリス
昔はマイナーな竜飛と言われ、ガブリアスさんやらボーマンダさんやらにぼっこぼこにされていたが、
Mを手に入れて、今ではアンチ竜として竜達を滅しようとしている!・・・というわけではないが、おめでとう。
竜Fといういかにもなタイプだが、能力値のバランスのよさと竜だけではなく闘と悪に対しての役割ができるようになったのが最大の利点。
Fスキンによるハイパーボイスにコットンガード、羽休め・・・さらには大文字等と意外にも幅広い技を持っている。でもゲンガーは無理です、はい。


シザリガー


ラティアス
妹。
昔はその硬さと、素早さで有名になっていた。
今ではメガシンカしても少し物足りなくなっている。
とはいっても、腐っても準伝説さん、かつMである。使えないことはない。
瞑想型とうち逃げ型、ミラータイプ型があるが、どう考えてもCS振りのミラータイプが使いやすかった。

----------------
エンペルト
イケメンペンギン。
水鋼と相性としては良い方なので、対策さえすればいける。
熱湯やドロポン、冷凍B、草結びと高いCを補えるほどの攻撃技に、あくびで裏に控えているポケモンを見るなど、オールマイティーに活躍することができる。
ただし、アロー流行終了で格闘が復活しており、さらには地面にもろいなど、他のポケモンたちで援護してやらないと心もとないところもある。

ロズレイド


ミミロップ



ガブリアス
昔は強く、今も強い竜地面。
Sも100族ちょっとあり、微妙なラインをクリアしている。
お陰で、スカーフタスキ珠を持たせてがっつり攻撃ができる高速アタッカー。
氷Fで対策されやすいものの、メインウェポンが二つもあり、単純に対策をするにはキッス投入しかないという。
Bが意外と高いので鮫肌と相性がちょっと良い。

ルカリオ

ジバコイル


トゲキッス
電磁波撒いて、エアスラで怯ませるゲームとして有名なヤツ。
F飛行になり、ガブリアスキラーっぽくなった。(倒せるとは言ってない)
怯みゲーの他にスカーフ、はりきりキッスさんまで様々。
神速がタイプ不一致になったのは少し痛いところ。
そして硬い。


ロトム
様々なタイプにFCできる電気タイプ。特に水炎草の順で人気が高い。
FCするとSよりBDが上昇値が高いので、受けにしたり流したりしやすい。
浮遊の特性もあり、型破らないと地震が効かないので途中で出しやすい。
さまざまな型がありすぎて、対策がしにくい。お陰でトリックが決まりやすい性質を持つ。

クレセリア
----------------
ジャローダ
ちょっと硬い素早いだけの草蛇さんだったが、ついに天邪鬼を手に入れたぞー。
リフストを打ちまくりながら、持ち前の素早さで蛇睨みをしたり、壁かけたり。
おおよその耐久力があるが、そこは単草である。うまく扱ってあげましょう。

エルフーン
登場時点から、簡単に悪戯心を手に入れられるモコモコ野郎。
見た目のかわいさとは裏腹に、素早く、挑発アンコール宿り木等と悪戯心付の補助をばら撒いてくる。
エルフーンのアンコールにやられて泣く泣く降参する被害者は数知れない。
今でも害悪扱いされているが、草Fとなった今はゲンガーのヘドロ爆弾で吹き飛んでいるのでまぁまぁだろう。
うっかり悪を出しているとムーンフォースが飛んできますので注意。

チラチーノ


キリキザン


オノノクス
----------------
ゲッコウガ



ファイアロー
ファイヤーさんより害悪な炎鳥。
タイプとしては貴重だが、特性疾風の翼入手により、草虫闘が全滅する事態に。
Sが高いので物理AT、物理耐久、二刀流と幅広い型を持つが、戦いやすかったのは二刀流。
物理ATぶっぱなしもいいけど、反動が酷く、2匹目で自滅することが多く、苦手な岩が出やすいのでね。
強いやつには強いが、岩にはとっても弱いので、岩が来たら逃げましょう。

ギルガルド


ドラミドロ


ニンフィア
xyではBW2から夢イーブイを連れてくるとハイボマシンになっていたが、ORASで教えられるようになり、シングルダブル共に流行を見せている。
B、Sが低くやられやすいが、CD辺りが高いので、スキンハイボでも瞑想をかければ突破してしまったりする。
が、バレパンマンには弱い。使う際には、後ろには常に鋼を置いておいたほうがいいだろう。

ヌメルゴン
チルタリスと同じく低S高耐久のドラゴン。
だが、こっちの方が多彩な攻撃技を覚え、対策するには物理竜Fで特攻で倒すしかない。
チョッキが多いが、残飯オボン等もあり、特性もぬめぬめか草食と全部が多彩。

---------------------

アシレーヌ
マリルリと同じ、水Fの猛者。
こちらは特殊攻撃が強く、意外にも範囲が広い(水F氷超無)。
補助技もいいものを覚えるので、眼鏡でもオボンでも持たせられる万能。
ただ鈍足+防御が弱いので、ある程度配分を入れて運用させないと一発でころっといってしまうことも。


ジュナイパー
陽気HS(A4)振り @残飯 影縫い/身代わり/毒々/羽休め の型。
攻撃が強いと思われがちだが、防御特防がなかなか良い能力値をしているので基本は毒を回しつつ羽休めをする子。
ガッチガチだと無理だが、それ以外なら結構いけてしまう。

ニャヒート
臆病HS(C4)振り @輝石 火炎放射/鬼火/猫だまし/悪巧み
巷で強いんじゃないかといわれていた輝石ニャヒート。
攻撃も普通に強いけど、遺伝で覚える悪巧みでなぎ倒していく型になる…筈だったが、覚える技があまりにもなかったため、流しっぽい型になってしまった…。
猫だましで相手の襷を潰し、鬼火で攻撃をダウンさせて、悪巧み火炎放射で攻撃をしていく。
結構地震持ちを呼ぶので、後ろに姉貴のシルヴァ等がいると楽。

シルヴァディ
陽気AS @悪z 恩返し/噛み砕く/剣の舞/捨て台詞
オール95の能力を持つ、人工的に作られたポケモン。
基本は、捨て台詞で後ろにいる耐久系に回す作業をするが、普通に舞って攻撃をすることもできる。
捨て台詞はやっぱり使いやすい。頼れる姉貴。








PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック